ライフコンサルティング・サービスの
ご予約は
0120-411-850

受付時間:月曜~金曜9:00〜18:00 土曜9:00〜17:00
(日曜・祝日・12/31〜1/3を除く)

サービスのお申込み

MENU

病気やケガで家計への負担はどうなる?
(医療保険の選び方)

女性は30代に差し掛かると、がんや女性特有の疾病にかかりやすくなる、と言われています。
もしも、家事や育児を担う奥さまが病気になり、入院するという事態になってしまったら、どのようなことが起きるでしょうか?

もしも誰かが入院することになったら?

ご家庭で誰か1人でも入院すると、

  • ・お給料やパート収入などが途絶える可能性がある
  • ・医療費がかさむ
  • ・ベビーシッターや家事代行などを依頼する費用が生じる

このようなことが同時に起こります。もしも入院することになったり、さらには手術も受けるということになると、将来への不安が一気に噴き出すでしょう。

 

多くの人が、「病気やケガは他人事ではない」「いつやってくるか分からない」と不安を抱いているものですが、実際にはどのくらいの人が入院しているのでしょうか?

 

厚生労働省の2014年の調査によると、人口10万人のうち病気で入院を余儀なくされた人は1,038人、そのうち統合失調症がもっとも多く130人、次いで脳血管疾患(脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞など)が125人、悪性新生物が102人となっています。

主要傷病別にみた入院受療率(人口10万対)の年次推移(単位:人)

総数 総合
失調症
脳血管
疾患
悪性
新生物
骨折 心疾患 気分
(感情)障害
糖尿病 肝疾患 結核
2011年 1,068 139 137 107 68 46 23 19 7 3
2014年 1,038 130 125 102 72 47 23 16 6 3

(単位:人)

 

(注1):統合失調症等には、統合失調症型障害と妄想性障害を含む。
(注2):心疾患は高血圧性のものを除く。
(注3):気分(感情)障害には、躁うつ病を含む。
出典:厚生労働省平成23年、平成26年「患者調査」

 

※平成23年は、宮城県の石巻医療圏、気仙沼医療圏及び福島県を除いた数値である

先進医療を受ける?受けない?

もし入院が必要になっても、公的医療保険の高額療養費制度が利用できることが広く知られるようになりました。病院でも、高額療養費制度や限度額認定証の取得について案内してもらえるので安心です。

 

しかし、先進医療を受けたいという場合は、その技術料は公的医療保険対象外のため全額自己負担しなければなりません。個室を利用したいなどの希望があるときに必要な差額ベッド代など、その他の費用がかかる人もいるでしょう。そんなときこそ、医療保険やがん保険などが役立つのです。

 

では、先進医療を受ける場合の技術料はどのくらいかかるのでしょうか?例えば、子宮腺筋症に悩んでいる方が「高周波切除器を用いた子宮腺筋症核手術」を受ける場合、技術料は301,000円(1件あたり平均額)、平均入院期間は11.1日です。また、がんの治療法のひとつである「陽子線治療」は、2,760,022円(1件あたり平均額)、平均入院期間は8.8日というデータがあります。

先進医療の例

先進医療技術 技術料
(1件当たり平均額)
平均入院期間 年間実施件数
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核手術 301,000円 11.1日 145件
陽子線治療 2,760,022円 8.8日 2,016件
自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法 338,426円 1.1日 81件
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 554,707円 1.2日 11,478件
歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法 64,629円 277件
前眼部三次元画像解析 3,662円 0.4日 6,739件

 

(注):中央社会保険医療協議会「平成28年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」を元に技術料を算出
出典:生命保険文化センター「先進医療の例」

必要な保障を把握した上で医療保険選びを

もしも病気になったとき公的医療保険が使える範囲内の治療を受けながら、経済的な心配をあまりせずに過ごしたいでしょうか?それとも、公的医療保険が使える範囲外でも、可能であれば先進医療を受けたいでしょうか?

 

どのような医療を受けるかについては人によって様々な考え方があるので、どれが正しい、あるいは間違っている、というものではありません。

 

ただ、医療保険やがん保険などに加入する前に、自分の治療に関して希望を明確にしておくことで「保険で必要な保障を必要なだけ得られる」ということにつながります。あまりにも過剰な保障を受けようとすると、毎月の保険料の負担が重くなるので、注意が必要なのです。

  • ・先進医療を受けるか
  • ・個室に入院するか、大部屋にするか
  • ・子どもの面倒は誰にみてもらうか、そのお礼などはどうするか
  • ・家事は誰に担当してもらうか、費用はかかるか

自分あるいは家族の希望が明らかになって初めて、そのためにどのくらいの費用が必要で、どのくらいの保障を保険で得ておかなければいけないかが計算できるのです。

 

また、預貯金がどのくらいあるか、既に加入している保険でどのような保障が得られているかによっては、医療保険の必要性そのものが変わる可能性もあります。

 

今、あまり預貯金がないなかで急に入院することになった場合、治療費の支払いのことが心配になります。健康保険が適用されない差額ベッド代や先進医療を利用したくても、高額の治療費が頭をよぎることも......。治療の選択肢が狭くなる可能性もあります。

 

急な病気やケガに備えるための預貯金も大切なのですが、ある程度の額の預貯金ができるまでには時間がかかります。医療保険に加入すれば、預貯金に比べて早い段階で必要な医療費の保障を確保することができるのでより安心です。

 

逆に、預貯金がかなり豊富で医療費の負担や収入の減少にも耐えられるという人は、医療保険で高額な保障を得ることが本当に重要なのか、考えてみましょう。高額な保障のためには、それだけ多くの保険料を支払うことになってしまうということも考えて、必要な保障額を割り出すことが必要です。

 

さらに、生命保険などの医療特約をすでにつけている人は、その保障内容を確認して、新たに医療保険が必要かどうかを考えましょう。

 

医療保険は、「とにかく加入しておいた方が良い」「できるだけ多くの保障を得ておいた方が良い」とは一概に言い切れません。まずは、病気になったらどのような治療を受け、家族の協力やその他のサポートをどう得ていくかについて考え、自分にとって必要な保険を選ぶようにしましょう。

医療保険の検討は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のアドバイザー(当社の代理店またはライフカウンセラー※)にご相談ください。医療保険は、日々進歩しています。治療、入院のトレンドや年齢に合ったものを選ぶことが大切です。商品知識が豊富なアドバイザーがお客さまのご要望にあった提案をいたします。

※ライフカウンセラーとは生命保険を軸として、金融、経済などの幅広い知識を持つ精鋭の営業社員です。

お客さまをとりまく環境、年齢、家族構成、将来設計などを把握することから始まり、

様々な観点からアドバイスさせていただくことが、ライフカウンセラーの仕事です。

関連する ひまわり生命の
商品のご紹介

HL-P-B1-18-00575 (2018.8.13-2020.7.31)

わからないことや
知りたいコトがあったら…
無料
ライフコンサルティング・
サービスで
  • いつ
    でも
  • どこ
    でも
  • 何度
    でも

皆さまのご質問にお応えします。

ご利用のお申込みは

0120-411-850

受付時間:月曜~金曜9:00〜18:00
土曜9:00〜17:00
(日曜・祝日・12/31〜1/3を除く)

ウェブからはこちら

1分で
完了!

コールセンター
ご連絡フォーム

ニックネームと電話番号だけで
お申込みできます。

簡易受付フォームはこちら

コールセンターのご紹介

ライフコンサルティング・サービスをご利用
いただいたお客さまの声

自分に合う商品を紹介してもらえ、
とても良かった!
ホームページで問い合わせた商品だけでなく、それを補う別の商品も自分にあうように紹介いただき、とても良かったです。連絡いただいたアドバイザーもとても安心できる人柄でした。

親身になって考えてくれて
うれしかった!
現在加入している保険のこともいろいろと考えて教えてくれて、大変わかりやすかったです。親身になって考えてくれてうれしかったです。

子どもの成長などにあわせ、
また相談したい!
説明がていねいで、わかりやすかったです。現時点で無理のないプランにしていただいたので、今後、子どもの成長などにあわせて、またご相談させていただきたいと思います。

初めての保険選びだったが、
心強かった!
初めての保険選びだったのですが、最初に「保険をどうやって選ぶか」をしっかりと教えていただきました。おかげで、自分にあった商品を選んで加入する事が出来ました。生命保険以外でも損害保険・車購入・住宅購入の際など、なんでも相談してくださいといっていただいたので、 心強いです。

初めて納得行く生命保険の選び方を知ることができた!
初めて納得のいく生命保険の選び方を知ることができた。 また、ネットで加入しようとも思っていたが、加入後も請求等の際に駆けつけてくれるというのはとても心強く、会って相談してよかった。

保険を売るのではなく、
一緒に考えてもらえた。
保険を売りつけられるのではと警戒していましたが、こちらの話しを良く聞いて、一緒に考えてもらえました。今後、環境が変わることがあったら、もう一度相談してみようと思います。その時は、またお願いします。

もっと見る

ご不明な点や自分の家計や
状況にあった保障について
詳しく知りたい方は

アドバイザーが皆さまのご希望や
状況に合わせてサポートをします

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の
アドバイザー(当社の代理店または
ライフカウンセラー※)が
お金に関するさまざまなお悩みに親⾝になって
お応えします。

※ライフカウンセラーとは、生命保険を軸として、金融、経済などの幅広い知識を持つ精鋭の営業社員です。お客さまをとりまく環境、お客さまの年齢、家族構成、将来設計等を把握することから始まり様々な観点からアドバイスさせていただくことが、ライフカウンセラーの仕事です。

ご利用に関するよくあるご質問

家計に関する相談も可能ですか?
もちろん可能です。家計のお悩みごと、将来のお金への不安など、遠慮なくご相談ください。
どんな方に相談に乗ってもらえるのですか?
あくまで一部ではありますが、こちらをご参照ください。
アドバイザーのプロフィールなどをご覧いただけます。
日程や日時を変更したいのですが。
ご予約後のスケジュール変更についても、お受けいたします。ご遠慮なく、担当のアドバイザーへ直接、お申し付けください。
いきなり保険の話をされたり、商品を売り込まれたりしませんか?
ご安心ください。まずは、お客様のお話をじっくりと聞かせていただきます。
そのうえで、お客様のご要望に保険がお役に立てるのであれば、ご紹介させていただきます。
一人暮らしなので、自宅に来られるのは不安です。
ご安心下さい。ご近所にあるお気に入りのカフェ等でもご利用いただけます。
もちろん、外出が難しい場合には、ご自宅にもお伺いさせていただきます。
雑誌の記事で見た家計相談に興味があります。
当面、保険に入るつもりは無いのですが、利用できますか?
大丈夫です。家計のご相談だけでもお気軽にご利用ください。
ご要望がなければ、保険のご案内はいたしませんので、ご安心ください。

ライフコンサルティング・
サービスのご利用はこちらから

ウェブフォームまたは電話でお申込み
1ウェブフォームまたは
電話で
お申込み
お申込み後、お電話かメール
でアドバイザーから連絡させていただきます。
日時・場所を確定する
2日時・場所を確定する
アドバイザーに面談ご希望の日時と場所をお伝えください。
アドバイザーはご自宅、勤務先近くの喫茶店でもどこへでもおうかがいします。
面談する
3面談する
今抱えている家計やお金の悩みや
これからのライフプラン設計、保険の見直しなど、なんでもご相談ください。

ご利用のお申込みは
こちらから

お電話で

ライフコンサルティング・サービスのご予約、不明点やご質問につきましては
下記お電話までご連絡ください。

0120-411-850

受付時間:月曜~金曜9:00〜18:00 土曜9:00〜17:00 (日曜・祝日・12/31〜1/3を除く)

ウェブフォームで

ライフコンサルティング・
サービスお申込みフォーム

ライフコンサルティング・サービスを直接、お申込みいただけます。
お名前、ご住所、ご連絡先等をご入力いただければ、当社代理店担当者または
アドバイザーから面談場所や日時の詳細についてのご連絡を差し上げます。

サービスのお申込み

コールセンター
ご連絡フォーム

ニックネームと電話番号、またはメールアドレスをご入力いただければ、
オペレーターがお客さまのお悩みをお聞きします。
その後、お客さまに合ったアドバイザーをご紹介いたします。

ご入力フォームへ

コールセンターのご紹介
「どんな人が対応してくれるの?」と不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。電話の向こうにいるオペレーターのことをご紹介いたします。

1分で
完了!

<数量限定>
ライフコンサルティング・
サービスのお申込みで、
ポンポングッズを
プレゼント