ライフコンサルティング・サービスの
ご予約は
0120-411-850

受付時間:月曜~金曜9:00〜18:00 土曜9:00〜17:00
(日曜・祝日・12/31〜1/3を除く)

サービスのお申込み

MENU

20代の貯蓄額はどのくらい?
知っておきたい貯蓄の秘訣

毎月のお給与から、きちんと貯蓄をしていくことができないと悩んでいる方はいませんか。特に20代の方は、他の世代の方と比べると毎月の収入も少ないので、何も考えずにお金を使っていると、あっという間になくなってしまうというケースも多いかもしれません。今回は、まず20代の方がどのくらい貯蓄ができているのかをチェックし、さらに、1ヶ月のお給与から上手に貯蓄していくためのポイントをご紹介します。

20代の平均的な貯蓄額は?

まずは、貯金を含む、金融資産保有額を表す貯蓄額をチェックしていきましょう。世帯主の年齢が20代で、貯蓄がゼロの家庭(金融資産の非保有世帯)を除く場合、金融資産保有額の平均は、363万円となっています。また20代の金融資産保有額を低い順に並べた際に、ちょうど真ん中にくる値(中央値)は、170万円という結果になっています(*1)。

一方、世帯主の年齢が20代で、貯蓄がゼロの家庭(金融資産の非保有世帯)を含む全体の統計を見た場合、金融資産保有額の平均は142万円、ちょうど真ん中にくる値(中央値)は0円という結果になっています(*1)。また、貯蓄がゼロの家庭(金融資産の非保有世帯)は、20代世帯全体の45.3%となっています(*2)。これらのデータから、20代は、貯蓄が全くないというご家庭が多いということがわかりますね。20代は、まだ収入が少なく、しっかり貯蓄をする余裕がないという方も多いのではないでしょうか。

次に、20代の方の年間貯蓄割合を見ていきましょう。ここでご紹介するのは、貯蓄がゼロの家庭を除いた場合、1年間働いて受け取った年間の手取り収入のうち、どのくらい貯蓄できているかを示す貯蓄割合です。20代の方の年間貯蓄割合は、以下のとおりとなっています。
世帯主が20代の方のうち、1年間で、貯蓄が全くできなかったご家庭が19.4%あります。しかし、一方で、手取り収入のうち、30%以上を貯蓄することができた家庭は、全体の27%となっています。また、20代の平均年間貯蓄割合は、19%となっています(*1)。これらのデータから、20代の方でも、自分のペースでコツコツと貯蓄を続けている人がいることが多くいることがわかりますね。

20代の平均貯蓄割合

20代の平均貯蓄割合

スクロールしてみてね!

では、最後に、男女別に毎月の収入や支出、そして貯蓄額を確認していきましょう。「全国消費実態調査」のうち、単身世帯の30歳未満のデータをおもに単身の20代と仮定します。単身の20代男性の年間収入は、平均359.7万円、女性の年間収入は、平均278.9万円となっています。年収を単純に12で除すると、毎月の収入は、男性が299,750円、女性が平均232,417円となりますね。
一方、単身の20代男性の1ヶ月間の消費支出は、平均155,619円、女性の1ヶ月間の消費支出は、平均161,811円となっています(*3)。よって、毎月の貯蓄額は、男性が平均144,131円、女性が平均70,606円と計算することができます。ご自身の毎月の給与や貯蓄額と、ぜひ比べてみましょう。

(例)1ヶ月のお金の使い方

(例)1ヶ月のお金の使い方

20代が貯蓄をする目的とは?

20代の方は、まだ収入が少なく、お金を貯めることが難しいという方が多いと思いますが、毎月少額ずつでも、貯蓄を続けていくことはとても大切です。金融広報中央委員会が行った調査によると、20代の方のうち、「とくに目的はないが、金融資産を保有していれば安心」と考えている方が41.8%いることがわかりました。また、20代の方が貯蓄をする目的として、最も多く挙げていたのが、「病気や不時の災害への備え」で25.2%となっています。さらに、旅行やレジャーの資金のために貯蓄をしていたり、老後の生活資金のために、コツコツと貯蓄をしている方もいらっしゃいました(*1)。
そして、同調査によると、20代の貯蓄目標金額は、平均1,456万円となっています(*1)。お金を貯める目的や、目標貯蓄額があると、毎日のお金管理にモチベーションが上がり、楽しく貯蓄を続けることができますね。なかなか貯蓄ができないという方は、ぜひ自分の貯蓄目的や、目標金額を明確にしてみましょう。

毎月どのくらい貯蓄すればいいの?

では、最後に20代の方が、どのくらい毎月貯蓄をすればいいのか、確認していきましょう。毎月もらうお給与のうち、何にどのくらいお金を使うのが良いのか、目安となる割合を知っておくと、家計管理をする上で参考になります。私が考えるお金の使い方の参考例は、以下のとおりです。貯蓄については、毎月のお給与の20%を目標とすると良いでしょう。

お金の使い方の参考例

お金の使い方の参考例

例えば、毎月の手取り金額が30万円の方の場合、家賃75,000円、食費45,000円、水道光熱費15,000円、通信費15,000円、洋服代や交際費、そしてちょっとした日用品を購入する費用などを含むお小遣いは90,000円、貯蓄は60,000円となります。今回ご紹介した1ヶ月のお金の使い方は、あくまでも私が考える一例です。しかし、もし毎月どのような割合でお金を使ったらよいか悩んでいる方は、家計管理をする際に、参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

20代の方は、これから結婚や子育てなど、人生の大きなライフイベントが訪れる可能性があります。若い頃から、しっかり貯蓄をする習慣を身につけると、将来の経済的な不安を小さくすることができるでしょう。今回ご紹介した20代の平均貯蓄額や、貯蓄目的や目標貯蓄額の設定、さらに上手にお金を使う・貯めるポイントを参考にして、自分のペースでコツコツと貯蓄を始めてみましょう。

参考
(*1)金融広報中央委員会 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]平成29年(*2)金融広報中央委員会 金融資産の有無と金融資産保有額2016(*3)全国消費実態調査 男女,年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出平成26年

下中英恵
下中英恵したなかはなえ
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、第一種証券外務員、内部管理責任者
東京都出身。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は東京において、資産運用・保険・税制等、多様なテーマについて、書籍や金融記事の執筆活動を行う。

公開日:2019年3月29日
最終更新日:2019年3月29日

わからないことや
知りたいコトがあったら…
無料
ライフコンサルティング・
サービスで
  • いつ
    でも
  • どこ
    でも
  • 何度
    でも

皆さまのご質問にお応えします。

ご利用のお申込みは

0120-411-850

受付時間:月曜~金曜9:00〜18:00
土曜9:00〜17:00
(日曜・祝日・12/31〜1/3を除く)

ウェブからはこちら

1分で
完了!

コールセンター
ご連絡フォーム

ニックネームと電話番号だけで
お申込みできます。

簡易受付フォームはこちら

コールセンターのご紹介

ライフコンサルティング・サービスをご利用
いただいたお客さまの声

自分に合う商品を紹介してもらえ、
とても良かった!
ホームページで問い合わせた商品だけでなく、それを補う別の商品も自分にあうように紹介いただき、とても良かったです。連絡いただいたアドバイザーもとても安心できる人柄でした。

親身になって考えてくれて
うれしかった!
現在加入している保険のこともいろいろと考えて教えてくれて、大変わかりやすかったです。親身になって考えてくれてうれしかったです。

子どもの成長などにあわせ、
また相談したい!
説明がていねいで、わかりやすかったです。現時点で無理のないプランにしていただいたので、今後、子どもの成長などにあわせて、またご相談させていただきたいと思います。

初めての保険選びだったが、
心強かった!
初めての保険選びだったのですが、最初に「保険をどうやって選ぶか」をしっかりと教えていただきました。おかげで、自分にあった商品を選んで加入する事が出来ました。生命保険以外でも損害保険・車購入・住宅購入の際など、なんでも相談してくださいといっていただいたので、 心強いです。

初めて納得行く生命保険の選び方を知ることができた!
初めて納得のいく生命保険の選び方を知ることができた。 また、ネットで加入しようとも思っていたが、加入後も請求等の際に駆けつけてくれるというのはとても心強く、会って相談してよかった。

保険を売るのではなく、
一緒に考えてもらえた。
保険を売りつけられるのではと警戒していましたが、こちらの話しを良く聞いて、一緒に考えてもらえました。今後、環境が変わることがあったら、もう一度相談してみようと思います。その時は、またお願いします。

もっと見る

ご不明な点や自分の家計や
状況にあった保障について
詳しく知りたい方は

アドバイザーが皆さまのご希望や
状況に合わせてサポートをします

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の
アドバイザー(当社の代理店または
ライフカウンセラー※)が
お金に関するさまざまなお悩みに親⾝になって
お応えします。

※ライフカウンセラーとは、生命保険を軸として、金融、経済などの幅広い知識を持つ精鋭の営業社員です。お客さまをとりまく環境、お客さまの年齢、家族構成、将来設計等を把握することから始まり様々な観点からアドバイスさせていただくことが、ライフカウンセラーの仕事です。

ご利用に関するよくあるご質問

家計に関する相談も可能ですか?
もちろん可能です。家計のお悩みごと、将来のお金への不安など、遠慮なくご相談ください。
どんな方に相談に乗ってもらえるのですか?
あくまで一部ではありますが、こちらをご参照ください。
アドバイザーのプロフィールなどをご覧いただけます。
日程や日時を変更したいのですが。
ご予約後のスケジュール変更についても、お受けいたします。ご遠慮なく、担当のアドバイザーへ直接、お申し付けください。
いきなり保険の話をされたり、商品を売り込まれたりしませんか?
ご安心ください。まずは、お客様のお話をじっくりと聞かせていただきます。
そのうえで、お客様のご要望に保険がお役に立てるのであれば、ご紹介させていただきます。
一人暮らしなので、自宅に来られるのは不安です。
ご安心下さい。ご近所にあるお気に入りのカフェ等でもご利用いただけます。
もちろん、外出が難しい場合には、ご自宅にもお伺いさせていただきます。
雑誌の記事で見た家計相談に興味があります。
当面、保険に入るつもりは無いのですが、利用できますか?
大丈夫です。家計のご相談だけでもお気軽にご利用ください。
ご要望がなければ、保険のご案内はいたしませんので、ご安心ください。

ライフコンサルティング・
サービスのご利用はこちらから

ウェブフォームまたは電話でお申込み
1ウェブフォームまたは
電話で
お申込み
お申込み後、お電話かメール
でアドバイザーから連絡させていただきます。
日時・場所を確定する
2日時・場所を確定する
アドバイザーに面談ご希望の日時と場所をお伝えください。
アドバイザーはご自宅、勤務先近くの喫茶店でもどこへでもおうかがいします。
面談する
3面談する
今抱えている家計やお金の悩みや
これからのライフプラン設計、保険の見直しなど、なんでもご相談ください。

ご利用のお申込みは
こちらから

お電話で

ライフコンサルティング・サービスのご予約、不明点やご質問につきましては
下記お電話までご連絡ください。

0120-411-850

受付時間:月曜~金曜9:00〜18:00 土曜9:00〜17:00 (日曜・祝日・12/31〜1/3を除く)

ウェブフォームで

ライフコンサルティング・
サービスお申込みフォーム

ライフコンサルティング・サービスを直接、お申込みいただけます。
お名前、ご住所、ご連絡先等をご入力いただければ、当社代理店担当者または
アドバイザーから面談場所や日時の詳細についてのご連絡を差し上げます。

サービスのお申込み

コールセンター
ご連絡フォーム

ニックネームと電話番号、またはメールアドレスをご入力いただければ、
オペレーターがお客さまのお悩みをお聞きします。
その後、お客さまに合ったアドバイザーをご紹介いたします。

ご入力フォームへ

コールセンターのご紹介
「どんな人が対応してくれるの?」と不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。電話の向こうにいるオペレーターのことをご紹介いたします。

1分で
完了!

~ポンポンって?~
ひまわり村のポンポンについて
ご紹介しています。
「ポンポン一家のゆかいな日常」(4コマ)
「ポンポン劇場」(動画)を公開中!