ほけん room title そうだん室

自分にあった保険は?万が一の時の備えってどうしたらいい?保険ってそもそも何?など・・・
保険に関する「なぜ?」「なに?」にお答えします。

すべてのカテゴリー

誕生日の3ヶ月前までに保険相談

保険は年齢を重ねるごとに、保険料が高くなります。
保険は保障内容の検討や手続きの時間が必要です。
余裕をもって、誕生日の3ヶ月前までに保険相談をしましょう。

保険相談の流れ

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のアドバイザーが、親身になって
相談をお受けします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。
ご都合に合わせて、日時や場所をお選びいただけます。

保険相談は専門家に相談

保険相談をすることで、将来のリスクに備えができるだけなく、
お金の不安を取り除くことができます。必要なときのために
必要な分だけの保障を専門家と一緒に選びましょう。

保険金はどのくらい準備するか?

保険金は万が一のときなどに保険会社から支払われるお金のことです。
一般的には保険金額を高くすれば、保険料も高くなります。
多すぎても少なすぎてもよくありません。適切な額を設定しましょう。

保険見直しノウハウ

生命保険は一般的に長期にわたる契約です。加入後も定期的に
見直しをすることが大切です。適切なタイミングで、必要な保障に
なっているかを確認しましょう。保障を見直すことが、
家計の節約につながることもあります。

自営業の方に必要な保険

自営業と会社員では年金や健康保険の種類や保障内容が異なります。
生命保険や医療保険を活用して、十分な備えをすることが大切です。

独身男性・独身女性に必要な保険

病気やケガをした場合に自分を守るための医療保険をメインに考えます。
20代の方は結婚資金や住宅購入資金、30代以降の方は老後資金の準備も
始めておきましょう。死亡保障は最低限確保しておけばよいでしょう。

共働き夫婦に必要な保険

夫と妻の収入を合わせて、家計をやりくりする共働きの家庭が増えています。
食費や光熱費などの生活費、住居費や教育費などは
各家庭により異なります。保険は家族のライフスタイルに
合ったものを選びましょう。

専業主婦に必要な保険

専業主婦の方は、収入はないものの、家事を通じてある意味で経済的に
貢献しているといえます。高額な死亡保障は必ずしも必要ないかもしれませんが、
保障が全く必要ないということではありません。ご家族の状況
に合った保険を選びましょう。

働いている女性に必要な保険

働くことで経済的に自立し、結婚後も共働きをすることで、家計を支えている女性が増えています。それぞれの状況に合わせた保険選びが必要です。
もれなく
今なら保険相談サービスのお申込みで
ポンポングッズをプレゼント
今なら保険相談サービスのお申込みで ポンポングッズをプレゼント
2018年9月30日(日)申込受付分まで
ご相談は何度でも無料 ご都合に合わせて、 ご指定の場所で相談可能 ご都合に合わせてご指定の場所で相談可能