そもそも保険って何?

病気やケガなど日常生活で起こる様々なリスクに備える保険。
貯蓄と保険の違いと保険の種類をご紹介します。

貯蓄は三角形 △、保険は四角形 □

貯蓄は右肩上がりの「三角形」

計画的に預貯金をしていても、
「もしものこと」はいつ起こるかわかりません。

貯蓄が少ない時に「もしものこと」があった場合、必要なお金が足りない可能性があります。
三角形

たとえば入院したら・・・

入院費用 1日あたり、約10,000円
公的医療保険ではカバーされない自己負担額
治療費

1日あたり 約2,700円*1

差額ベッド代

1日あたり 平均6,155円*2

食費

1日あたり 約1,080円*1
(1食360円*3 ✕ 3)

諸雑費

付き添いの方の交通費・
テレビ代・日用品代など

先進医療費用

先進医療の技術料は
全額自己負担です。*4

同一月に30日間入院した場合、高額療養費制度適用時の計算式を参考に80,100円 ÷ 30日 = 約2,700円と計算しています。

厚生労働省「主な選定療養に関わる報告状況(平成27年7月)」における差額ベッド代 1〜4人室の1日あたり平均額です。

平成29年8月現在の公的医療保険「入院時食事療養費」

平成29年8月現在

もしも亡くなられたら・・・

葬儀費用 約189万円
葬儀費用の合計(単位:万円)
北海道
161.7
東北
170.0
関東A*
236.7
関東B*
184.3
中部A*
199.7
中部B*
215.8
近畿
210.5
中国
153.6
四国
134.3
九州
194.0
全体
188.9万円

(一財)日本消費者協会 第10回「葬儀についてのアンケート調査」報告書 平成26年1月より

*関東A:茨城・栃木・群馬・千葉   関東B:埼玉・東京・神奈川

   中部A:新潟・富山・石川・福井   中部B:山梨・長野・岐阜・静岡・愛知

(一財)日本消費者協会 第10回
「葬儀についてのアンケート調査」報告書
   平成26年1月より

*関東A:茨城・栃木・群馬・千葉

   関東B:埼玉・東京・神奈川

   中部A:新潟・富山・石川・福井

   中部B:山梨・長野・岐阜・静岡・愛知

必要なお金が足りない
時はどうしよう
貯蓄が少ない時に「もしものこと」があった場合、必要なお金が足りない可能性があります。

保険は安心、安定の「四角形」

いつ、「もしものこと」が起こっても
まとまった金額が加入時から準備できます!
四角形
保険では必要なお金が「もしもの
とき」に準備できるので安心です。

保険の種類が多すぎてわからない

保険には大きく3つのタイプがあります。
それぞれの特徴を知り、自分にあった保険を見つけましょう。

定期保険

一定期間を保障し、その期間内に「もしものこと」があった場合には保険金が受け取れます。一般的には掛け捨てといわれるものです。

終身保険

一生涯を保障し、何歳で「もしものこと」があっても保険金が受け取れます。また、解約時には解約返戻金が受け取れます。

養老保険

一定期間を保障し、その期間内に「もしものこと」があった場合には保険金が、保険期間満了時に生存していた場合には満期保険金が受け取れます。「もしものこと」があった場合の保険金と満期保険金は同額です。
定期保険は保険料が低い傾向にあり、終身保険は一生涯を保障するので保険料が高くなる傾向があります。養老保険は満了時に満期保険金が受け取れます。
タイプを把握し、リスクや保障額のバランスをみて加入することが大事です。

事前にご自分にあった
保険を探したい人はコチラから

当社の商品をご紹介しております。

もれなく
今なら保険相談サービスのお申込みで
ポンポングッズをプレゼント
今なら保険相談サービスのお申込みで ポンポングッズをプレゼント
2018年9月30日(日)申込受付分まで
ご相談は何度でも無料 ご都合に合わせて、 ご指定の場所で相談可能 ご都合に合わせてご指定の場所で相談可能