ほけん room title そうだん室

自分にあった保険は?万が一の時の備えってどうしたらいい?保険ってそもそも何?など・・・
保険に関する「なぜ?」「なに?」にお答えします。

妊娠/出産した時

誕生日の3ヶ月前までに保険相談

保険は年齢を重ねるごとに、保険料が高くなります。
保険は保障内容の検討や手続きの時間が必要です。
余裕をもって、誕生日の3ヶ月前までに保険相談をしましょう。

保険相談の流れ

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のアドバイザーが、親身になって
相談をお受けします。ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。
ご都合に合わせて、日時や場所をお選びいただけます。

保険相談は専門家に相談

保険相談をすることで、将来のリスクに備えができるだけなく、
お金の不安を取り除くことができます。必要なときのために
必要な分だけの保障を専門家と一緒に選びましょう。

保険見直しノウハウ

生命保険は一般的に長期にわたる契約です。加入後も定期的に
見直しをすることが大切です。適切なタイミングで、必要な保障に
なっているかを確認しましょう。保障を見直すことが、
家計の節約につながることもあります。

子どもが生まれた時に必要な保険

子どもを育てるには養育費や教育費がかかります。
そのため、世帯主に万が一のことがあった場合に発生する
経済的なリスクにしっかり備えておくことが大切です。
New

保険を検討・見直しするタイミングって?

一度加入したら大丈夫と思いがちな保険ですが、必要な保障は家族構成や年齢によって変化します。また、保険を見直した結果、自分の求める保障をより自分に合ったものにすることが出来る場合もあります。

病気やケガで家計への負担はどうなる?(医療保険の選び方)

女性は30代に差し掛かると、がんや女性特有の疾病にかかりやすくなる、と言われています。もしも、家事や育児を担う奥さまが病気になり、入院するという事態になってしまったら、どのようなことが起きるでしょうか?

終身保険はご家族への思いやり。選び方のポイントは?

子どもが成長していく姿は、とても楽しみなもの。しかし、そのためには教育資金が必要不可欠。お父さまやお母さまに万が一のことがあったとしても、残されたご家族が安心して過ごせるような備えを、今のうちにぜひ検討しておきましょう。

子どもの将来を守るために定期保険の選び方を知りたい

子どもが生まれると、「頑張るぞ」という気持ちになりますよね。それと同時に、不測の事態が起こったとき、子どもの人生がどうなるのかと心配にもなるはずです。今からできる備えについて、知っておきましょう。

我が家の保険は十分か、専門家に相談してみませんか?

皆さんは、自分がどんな保険に加入していて、いざというときどのくらいの保障が受けられるか、把握できていますか?出産や入学などをきっかけに今の保険で保障は十分なのか、見直しを検討される方も多いのではないでしょうか。
もれなく
今なら保険相談サービスのお申込みで
ポンポングッズをプレゼント
今なら保険相談サービスのお申込みで ポンポングッズをプレゼント
2018年9月30日(日)申込受付分まで
ご相談は何度でも無料 ご都合に合わせて、 ご指定の場所で相談可能 ご都合に合わせてご指定の場所で相談可能